タグ:ブルホーン ( 9 ) タグの人気記事

ST-5601 組み付け

今日は先日そろえた部材を組み付け実施!
b0139011_19583598.jpg

これが交換前の状態。(実は既に左レバーが借り付けしてあるのはナイショ ^^;)

さー、作業開始~!!

More・・・

by junenori | 2009-06-21 20:51 | 自転車

カンタくん巻き直し

前々から考えていたカンタくんのお色直し。
青い車体に青いバーテープはくどすぎるかなー、ってことで次は黒。
モノはfizikのMicrotexTape ¥1890-ナリ~

右側終了
b0139011_1081518.jpg


バーテープを巻くのは2回目なので、前回よりは綺麗に出来た気がする。
何より黒は多少汚く巻いてもバレづらいのが良いです ^^;
b0139011_1081524.jpg


今回は隠しテープ無しで巻いてみました。(写真じゃわかんないけど)
とりあえず走ってみてから色々反省してみようかな。

by junenori | 2008-11-30 10:08 | 自転車

試走

天気も良い事ですし、ぶらっと往復50kmほど走ってきました。
ブルホーン交換後、初の長距離(?)です。
(いつも片道5kmの通勤にしか使ってないので、これでも長めなのです^^;)

んで、記念写真
b0139011_14581252.jpg


とりあえず、インプレめいたものをば

【良いところ】
・シフターとブレーキをハンドル持ち替えずに操作できるのは非常に便利 ^^v
何より安心感が違います。
街乗りには非常にお勧めできると思います。
・ポジションの自由度が高くなり、疲れが減った。
スピード出すときはブルホーンの先のほう、まったり回すときにはステム付近を持つことで、結構上体の角度が変わるので、その時々で使い分けできるのが〇
あと、思ったよりハンドルの曲がりの部分が持ちやすいことに気がついた。

【悪いところ】
・明らかにブレーキがプアになった ><
別に戻りが悪いとか、重いと言った感じじゃないんだけど、ブレーキを握りこんでいったときに、ラストに「ガツン!」と効く感じが無い。
フラバー用レバーと引き量がそんなに違うとも思えないのだが・・・
まあ、よっぽどのことが無い限り、問題ないレベルではある。
(かっくんブレーキになってロックされるよりはまし)
・FDの動作がおかしい
前のブログにも書いたけど、これはFD変えないと解消されないだろうなあ・・・
特に困らないけど、気持ち悪いしそのうち交換しようっと

そんな感じ
トータルとしては「大満足!!ヽ(^。^)ノ」な感じです。

通勤でドロップ使われている方で、ブラケットポジションからのブレーキングに不安を感じている人には、マジお奨め!
ドロップからの変更であれば、ハンドルバーとワイヤー類の小物買うだけで変更できますしね。

通勤SPへの道を着々と歩んでおります。

次はFDとキャリパーかな。

by junenori | 2008-07-06 15:13 | 自転車

カンターレ ブルホーン化 その6

なんやかんやと終わりまして、バーテープを巻けば終了です。
バーテープは、以前フィジークのARIONEを買ったときについてきたやつがありますので、それを使うことにします。
(というか、元々そのつもりでサドルを購入していたのはナイショw)

で、巻くんですが、その前にゲルパッドをペタペタ

b0139011_2050325.jpg


元々ドロップ用なので、ちょっと形が違いますが気にしないw
ストレート部分にも継ぎ足して黒テープで仮止め

b0139011_20542344.jpg


で、いよいよバーテープを巻き巻きするのですが・・・巻いてる途中の写真は無し!
はっきり言ってそれどころじゃありませんでしたw

初めてやったってのもありますが、もー難しくって ><
何のかんので最終形はこんな感じ。

b0139011_2048982.jpg


あああ、美しくない・・・orz
ま、またそのうち巻きなおします。(多分)

で、全体像

b0139011_20564628.jpg


んー、まあ初めてやったにしては問題ないレベルかと・・・(慰めてみるw)

なんにしろ未だ実走してませんので、全てはその後ですね。
明日は晴れるかのう。

続く(かも?)

by junenori | 2008-06-22 20:59 | 自転車

カンターレ ブルホーン化 その5

さて、幅の確認が出来た所で、前後位置と上下位置の変化の確認。
ステムが100→70mm、ドロップが40mmですので、大体そのぐらいの変化があると思われます。
正確なところは、ステムの角度がありますので、この数値とおりには行かないと思います。

そんなわけで、計算するより測った方が早いや、ってことで測ってみます。

b0139011_20251395.jpg


んで、地上高を測ってみると、820mm(地上-芯)。
うーん、どんぴしゃ40mmダウンw

前後位置は、測り忘れ&基準位置がわからないので、変化量が分からない><
しょーがないので、交換前後の写真を合成してみました。

b0139011_20301869.jpg


基準となる物(今回はパイプ径)から対比で前後の移動量を出して見たところ、手前に20mm程移動しているようです。
元のステムの角度が分からないのと、コラムスペーサーの数が変わっているので、その辺りの差が出たのかな?と思います。

ま、これまた実走してみてポジションを詰めていこうと思います。

もう少し続きます

by junenori | 2008-06-22 20:37 | 自転車

カンターレ ブルホーン化 その4

そんなこんなで仮組みも終わり、ケーブル類の取り付けも完了しました。
後はバーテープを巻けば終了なわけですが、ココで交換前後のポジションチェックをしてみます。
実走してないので厳密な意味でのポジション出しはおいおいやって行くこととして、まずは交換前後でどれだけ変わったか比較してみます。

Syntaceのストラトス400ですが、ドロップは40mmです。
姉妹品でストラトス200,800とあって、それぞれ20mm,80mmドロップだったと思います。
詳しくはぐぐってください ^^;

サイズ(幅)はS,M,Lとありまして、私が購入したのはSサイズ(390mm)です。
で、この390mmってのがイマイチどこを指すのか分かりませんw
多分この辺りかな?ってのがココ

b0139011_19363923.jpg


で、今まで使用していたフラットバーの幅(外-外)が510mm
その差なんと120mm!!
片側60mmづつ短くなったことになります。60mmって言うとかなり大きいですね。

で、実際どのぐらい幅が違うのか比較

b0139011_19512341.jpg


既にバーテープが巻かれているのはご愛嬌 ^^;
ブルホーンの上にフラットバーを乗っけて比較してみました。
自分でもびっくりですが、フラットバーのブレーキレバーとブルホーンのブレーキレバーがほぼ同一ライン上に来てます。
横握りと縦握りの違いはありますが、どちらであれ小指の位置はほぼ同じ、ってことになりそうです。

b0139011_19552586.jpg


ついでに前から。

構成だけ見れば、このハンドル幅で問題ないと思われます ^^v

次回に続く

by junenori | 2008-06-22 19:57 | 自転車

カンターレ ブルホーン化 その3

前回でブルホーンバーへのSTIの組み付けは終了。
そうしたら、後はステムを交換してブルホーンバーを仮組み。
シフトケーブル類を取り回して、作業的には一段落です。

b0139011_1732070.jpg

こんな感じですね。

割とさらさらっと書いていますが、実はココにいたるまでにいくつか問題がありました。

1.フロントブレーキワイヤの戻りが悪い
  ハンドルバーにアウターを通した際に、何度か出し入れを行ったため、アウター及びインナーに変な癖がついたと思われる。
  そのため、ワイヤーの動作時に抵抗が大きくなり、一度レバーで引き込んだワイヤーの移動量分をブレーキキャリパーで引き戻すことが出来ない。
  ※多分、写真の部分で遊びが出ていると思われ
b0139011_17392176.jpg


2.フロントディレイラーの動作不調
  カンターレのFDはFD-R440を使用していますが、シマノのHPで調べてみると、これがフラバーシフター用とのこと
  正確なことは分かりませんが、おそらくSTIとフラットバー用シフターで、シフトケーブルの引き量が異なるんではないかと思われ。
  なんかSTIだと2速分巻き上げ動作してやらないと、FDが定位置までこないんですよね。
  おそらくロード用のFD-4500を使えば解消されると思います。
  まあ、そんなにジャカジャカインナーとアウターの切り替えなんてしないので、とりあえずこのまま様子を見るつもりです。

by junenori | 2008-06-22 18:26 | 自転車

カンターレ ブルホーン化 その2

さてさて
まずは現状を知っておかないとね。

と言っても現行のカンタ君はハンドルバーを多少切っているのと、バーエンドがついている以外は、ごくごくノーマル。
(真横から見るとこんな感じ)
b0139011_16431150.jpg

ちなみにこの状態で、地上からハンドルバーの芯までの高さは860mm
これが高いのか低いのかは良く分からないけど、とりあえずこっからのスタートです。

まずは、ステム含めてハンドル周りをごっそり外します。
(おっと写真撮り忘れた><)

特に難しいことは無いけれど、アウターの長さを参考にしたいので、何がどこにどう付いていたか、後から分かるようにしておくと良いと思います。

んで、まずはブルホーンバーにSTIを取り付けます。
STIにブレーキワイヤを取り付け、取り付けたワイヤにアウターを通してあげます。
アウター内にブレーキワイヤーを通したら、今度はそれら一式をハンドルバーの中に通します。

で、このSyntaceのストラトス400、STIを付けた時に、丁度ブレーキワイヤが通る場所に穴が空いています。
b0139011_16501145.jpg

こんな感じですね。

お高いだけあって非常に便利です ^^v
が、電動ドリルとドリル刃さえあれば、自分で穴をあければいい話ですので、特に穴の有無にこだわる必要は無いでしょう。

で、通したケーブルの屈曲がきつくならないよう(と言っても結局Rきつくなるんですけどね^^;)チョコチョコ調整しながらSTIをハンドルバーに固定します。
b0139011_16574199.jpg

大体、アウターのRはこんな感じでしょうか。(これじゃ良く分かんないですね^^;)
ホントはもっと大きなRが取れると良いのですが、まあブレーキレバーの動作もそんなに渋い感じではないのでこれで良しとします。

これを左右両方分のSTIで行います。
正直、ココまでくれば50%終了な感じです。

次回に続く ^^

by junenori | 2008-06-22 17:02 | 自転車

カンターレ ブルホーン化 その1

ボーナスも出たことで、通勤マシン カンターレ君のブルホーン化に着手することにしました。

備忘録的にブログに作業内容をアップしておこうと思います。

さて、何でブルホーンかっていうと、普段乗っているときはハンドルのかなりセンターよりを持つため、シフターは小指と親指で操作するんだけど、ブレーキを引くことが出来ない。
ブルホーン+STIなら、通常のポジションで両方操作できるから、街乗りには便利かなあ、とか思った次第。
「んじゃ、ドロップにすりゃいいじゃん」
と、当然なるわけだけど、ドロップだと「最初からアルライトにすりゃいいじゃん」ってことになるのと、ブラケットポジションでブレーキを引ける気がしないのと、下ハン使わないしねー。とか理由をつけてみるw
まあ、ぶっちゃけてしまうと、「ブルホーンかっこいくない?」の一言に尽きるのだがwww

とにもかくにも、改造するにあたり色々買い揃えてみました。

以下、購入品一覧
b0139011_16283075.jpg


STIレバー ST-4500(TIAGRA) ¥17,500-
ブルホーンバー Syntace ストラトス400 ¥8,431-
ステム ZOOM 70mm 83度 ¥3,024-
フィジーク バーゲル ¥1,785-
プロファイル バーエンドプラグ ¥446-
シマノ HGチェーン CN-7701 ¥2,564-
KMC ミッシングリンク 9S用 ¥945-

総額 ¥35,115-(税込み) ナリ~
危うく車両価格の半分かかってますね・・・・ ^^;

さて、吉と出るか凶と出るか・・・ 乞う御期待!!

by junenori | 2008-06-22 16:40 | 自転車